バドミントンのダブルス前衛、ポジションを明確に!

今回はダブルスの前衛の動き方、意識について書いていきます。

前衛というと、タッチの早さやプッシュ/ストップの技術が注目されがちですが、今回ではおもにポジショニングについて書いていこうと思います。ようはどのコースを張るのか、どっち側によって構えるかという部分です。

正直後衛とのコミュニケーションというか、お互いの連携による部分がかなり大きいと思いますが、いま意識しているのは「立ち位置を明確にする」ことと「足を止めない」ことです。ポジショニングが大きく関わってくるのは前者の方ですね~

ってことで順番にみていきます!

スポンサーリンク

前衛の立ち位置

ダブルスでこっちが攻めているとき、やはり考えるべきはいかにその攻めを続かせるか、どうやって決めきるかということだと思います。そのためにローテーションをしたり、球を沈めてあげさせたりするわけです。

とくにローテーションなんかは2人のコミュニケーション、連携が大事になってきますよね。

でも、前衛からは後衛の動きが見えません。後衛がどんな態勢で打ってるのか、打った後前に詰めようとしてるのかは何となくイメージできるかもしません(それをイメージしながら動くのももちろん重要)が、当然がっつり後ろを振り返るわけにもいきません。

しかし、後衛からは前衛の立ち位置が見えます。そんなに意識して見なくても、こいつこっちに寄ってるなーとかは分かりますよね。となると、ローテーションするかどうかを決めるのは実質前衛ってことになりますd(・`ω´・d*)

前衛側から「前に出て」「こっちは任せた」という指示をその立ち位置によって後衛に伝えることで、スムーズにローテーションできたり後衛が打つコースも決まったりしてくるわけです。

ストレートを大きく空けて、後ろ目のポジションを取っていたらおそらく後衛は前に詰めてくれますし、逆にストレートをがっちり締めていたら後衛はクロスへの切り返しを取りに行ってくれるはずです。

前衛のポジションによって後衛の次の動きも変わってくるということで、けっこう重要なのが分かると思います。

そのぶん気をつけたいのが、中途半端にならないってことです。どっちつかずのポジションだと後衛もどっちつかずの準備になります。結果、タッチが遅れて攻めきれません。

ビデオを撮ることをおすすめしますが、しっかり寄るというのは自分で思ってるより難しいです。ストレートレシーブでばんばん抜かれるという人は特に寄れてない可能性が高いですね。

個人的な経験からいうと、だいたいの場合ストレートを締めるのが正解だと思います。もちろん相手のレシーブ技術にもよりますが、クロスでがんがん切り返してくるタイプよりはストレートで勝負してくるタイプの方が多い印象です。

ストレートを締めるなら、ストレートのドライブレシーブをストップできるくらいには寄りましょう。それくらい寄っとくと、パートナーもクロスの方をケアしてくれますし、クロスに備えて準備しよう、という意識が後衛にうまれるのが大事です。

もう1つ注意したいのがそうやってポジションを移動するタイミングです。

最初からがっつり寄ってたらさすがに、と僕も思ってたんですが、最近は後衛が打つ前にはもうある程度寄っといた方がいいなと思い始めました。

そのほうが後衛も立ち位置を把握しやすいと思いますし、なにより移動が直前過ぎると目線がぶれてミスがふえます(´・ω・`)

ストレートをはる中で飛んできて怖いのはクロスへのショートレシーブですが、これも相手がレシーブするときにしっかりと構えれてたら足でカバーできます。のでやっぱり早めにポジションを寄せとくことをおすすめします。

また、クロスへの切り返しを張る時・パートナーに前に詰めてほしいときはストレートの時よりも思い切ってポジションをとります。パートナーが前に出るのを躊躇しないくらいがっつり空けるのが必要です。

そしてもう1つ大切なのが、自分も下がるのを躊躇しないことです。僕はけっこうやっちゃうんですけど、後ろに下がりそうなポジションを取っておいて「でもパートナーの態勢も良さそうだしやっぱ任せよ」ってのは一番ダメです(-∀-)

下がるポジションを取っている以上、パートナーはそれを信じて動くので、いや下がらんのかーいと目でツッコまれます。

自分がクロスを張ると決めたなら、その球がきた瞬間下がって打つ態勢にはいれるくらいポジションと心の準備をしときましょう!

とにかくポジショニングははっきりと、中途半端にならないようにするのと、割と早めから寄っておくこと。前衛としての技術というより、ダブルスでの攻めとして重要なポイントだと思うので意識してみてほしいです。できればビデオなどで確認してみてください( ´ ▽ ` )ノ

足を止めないこと

前衛の場合、どうしても反応で勝負に出る場合が多くなります。その結果忘れがちになるのが足です。

相手のレシーブに対して、とくにストップしようとしてミスしてしまう人は足が止まっちゃってる場合が多いです。相手のレシーブのタイミングが早かったり、張ってなかったコースに落とされたときについ手だけで触りにいってしまい、上手くコントロールが出来なくなってる可能性があります。

プッシュやドライブといった強い球の場合は手だけでいってもごまかしがききますが、ストップやヘアピンなど柔らかいショットはやっぱり足を使わないと安定しないのはイメージできると思います。

またドライブ合戦になったときも、相手を押し込めるかはどれだけ足を踏み出せるかにかかってきます。リアクションステップを踏むほどの時間はなくても、半歩でも足を前に踏み込む意識をもつことが重要だと思います。これは前衛に限らず、ダブルス全般にいえることかもしれません。

相手のレシーブを待っているときは少し体にも力が入るので足が止まりがちになります。リアクションステップというほどきちんとしたものじゃなくても、細かく足を刻む意識をもつだけで全然かわりますし、普段からそういった細かいステップのフットワークを練習することもおすすめです!

手だけで取りに行くと、体の横で取っちゃうことにもつながります。ついつい反応のみを意識しがちな前衛ですが、そこで使うショットを考えると絶対に足が重要になるのでぜひ気をつけてみてください( ´ ▽ ` )ノ

まとめ

今回はダブルスでの前衛について、「立ち位置を明確にする」と「足を止めない」という2点意識していることを書いてみました!

どっちもそうですが、自分のプレイを客観的にみてみると意外とできてないことが多いです。立ち位置はとくに、おもったより中途半端な位置にいることもあるのでぜひ確認してみてください。

足をとめないのも、後衛ではできてるのに前衛だとべたっと張り付いてしまうって人もいます。2点とも技術的な練習は必要ない、意識だけで変えることができるポイントなので少しでも参考にしてもらえると嬉しいです( ´ ▽ ` )ノ

ちなみに、ダブルスの動きを勉強するときはミックスダブルスの動画がわりとおすすめです。男子ダブルスは人間じゃないプレイヤーが多すぎて参考になりません(-∀-)

ミックスだと前衛と後衛がはっきり分かれてるのでそれぞれの動き、前への入り方や落とし方などが分かりやすいです。それに男子ダブルスみたいなテンポが速い低空戦、というよりもトッパンの形から決めきるというラリーが多いです。

そのため今回話したような前衛の仕事がすごく重要で、どんなコースを張っているのかやそれに応じて後衛はどこを狙っているのかをみることができます!足元の細かいステップにも注目してみてください!

東野・渡辺ペアをはじめ日本にもトップレベルのペアが多いですし、中国など海外勢の強豪との試合はみてるだけでも楽しいです。時間があればぜひ(`・ω´・)ノ”

XD | WATANABE/HIGASHINO (JPN) vs ZHENG/HUANG (CHN) [5] | BWF 2018

いじょう、そらめまめでした~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする