受験勉強がしんどくなってやる気がなくなったときに読んでほしいこと

さて今回は、受験勉強がちょっとしんどくなった人に見てほしい記事を書いてみました。

「点数が取れない」とか「なぜかやる気が出ない」とか、挫折しそうになる原因にはいろいろあると思います。

けど今回はそこにはあまり触れません。またこうすれば点が取れる!という具体的なアドバイスも別の記事で紹介します。

今回紹介するのは、勉強がしんどいときにとりあえずやってみてほしいこと、そしてなんで勉強するのかについての僕なりの意見です。

僕も上手くいかなくて挫折しそうになった時もありましたが、そこをなんとか乗り越えて合格まで辿り着きました。その経験をもとに、何かしら力になれたらと思っています!

これを読んで「よしやるぞ」となるかは分かりませんが、どうせ挫折するなら読んでからでも遅くない(`・ω´・)ノ”のでぜひ読んでみてください!

スポンサーリンク

とりあえずやってみてほしいこと

受験勉強がつらくなって、諦めそうなときにまず考えてほしいこと。それは

過去の自分と比べる

ということ。

例えば、去年の今頃を思い返してみてください。全く解けない問題っていっぱいありましたよね。知らない公式や単語だって山のようにあったはずです。

ではいまはどうですか?解けなかった問題・知らなかった単語のうちいくつかはもう自分のものにしているんじゃないですか?

新しい知識を身につけている・新しいことを出来るようになっているということは成長しているということ。あなたが頑張って勉強してきた成果は確実にある、ということです。

もちろん他の人も出来ていることかもしれないし、もしかしたら人と比べると”出来てない方”かもしれない。

それでも過去の自分と今の自分、賢いのはどっちですか?より複雑な文を英作できるのはどっちですか?

一度、今まで勉強してきたあなたの頑張りをあなた自身が認めてあげましょう。そして今からも成長し続けてください。

もう一つ、なんでもいいから友達や家族と話しましょう。ダイレクトに勉強のことを相談してもいいし、全く関係のない話、ばかばかしい話でもなんでもいいです。

笑ったり、びびったり、怒ったりといった自分の素の感情が生まれることが大事です。

1人でずっと机に向かい、何かに追い詰められるような気持ちを感じながら勉強していたらやっぱり誰だって疲れます。そういうときに友達や家族と話してみると身体は楽になるもんです。

たまに塾とかで「友達を蹴落としてでも受かれ!」みたいな体育会系の檄を飛ばしてたりしますが、そんなことする必要ないです。

やっぱり受験勉強はしんどいもので、みんな何かしら悩みを持ってます。そういうとき、いつも通りテキトーな話をしてはしゃぐことが大事な休憩になるので、支え合いながら勉強してほしいなと思います。

もちろんしゃべってばっかだとどうなるかは分かってると思いますが(^ⅴ^)

勉強する意味とは

最後にもうひとつ、勉強しなくなってしまう原因に「勉強して何になるんだ」という疑問が離れなくなってしまうというものがあります。

これは受験勉強した人は1回は必ず考えちゃうことですよね~。しかも考え込んでしまいがちな、タチの悪い疑問です。

こいつのせいでどれだけの受験生がふぬけになってきたか…最低最悪、悪の権化です。はい、言い過ぎました。

とにかくこの疑問にとりつかれると、なかなかモチベーションが上がりません。この状況を抜け出すには疑問を解決すればいいのですが、、

身も蓋もないことをいえば、正直答えなんてないでしょう。

というか、他人の答えを聞いてもどこかしら納得できない部分がでてくると思うんですよね。

つまり、結局は自分で見つけるしかない。でもその手がかりとして他人の意見を取り入れるべきです。

僕も僕なりに考えた「勉強する意味」を紹介しますが、あなたがあなたの答えを見つけるとっかかりになれば嬉しいです(´∀`)

勉強する意味、それは簡単に言えば「努力を知る」ことだと思います。

人はなぜ頑張れるのか、それは頑張って努力した先に何かができるようになることを知っているからです。

自転車だっていきなりは乗れなかったはずです。

練習を繰り返して乗ることができるようになります。そのときに感じる達成感・嬉しさってのはなかなか良いもんです。

部活とかも一緒ですよね。出来なかったことが出来るようになる、そしてそれを自覚したときはすごく嬉しいし楽しいです。

つまるところ、勉強も一緒です。

「出来ない」から「出来る」は、受験勉強では「わからない」から「わかる」に置き換えれると思います。

そして勉強、ことに受験勉強の場合は模試や定期試験・受験本番など明確な結果がでます。その分味わう嬉しさ・楽しさも大きい。

ってことは、勉強することでより深く努力を知れるってことではないでしょうか。

じゃあ努力を知れば何がいいのか?

僕はまだ20年そこらしか生きてないんで分かりませんが、人生はきっと楽しくなると思います。

なぜなら、いま出来ないことに出会ったときにあきらめないから。できるようになること、そしてそのときの喜びを知っているから努力することができます。

要はまずチャレンジすることができるようになるってことです。結果自分のフィールドはどんどん広がってまた出会いも多くなります。

逆に努力を知らなければ「できない」ことは「できない」として認識します。自分のフィールドは自分が努力せずにできることのみ。

そんなんじゃ自分がやりたいことなんて見つかりませんよね。楽しさ・嬉しさはあるんでしょうか。

話を戻すと、勉強する中で努力を学んでいるって考えてほしいと思います。

さっき言ったように明確に結果がでるので落ち込むときももちろんあります。頑張ってる分落ち込みも大きくなります。でもそこで何度挫折しても、また頑張り続けてください。

あきらめたとき残るのは、あきらめたという事実だけです。そしてその事実は後悔とともに自分の中にずっと居座ります。結果、何かをするたびにあきらめることが選択肢に入ってきます。

僕はいまそうなってないと断言できますし、その理由はやはりちゃんと結果がでたからだと思います。だからあなたにも結果を出してほしいし、そのためにすることは分かっているはずです。

挫折するということは、努力していることの裏返しです。

験後にあなたが今までにないくらい大きな喜び・達成感を味わってその努力をものにすることが出来るよう、このブログを通して応援しています!

以上、そらまめでした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする