バドミントンの戦術。下手なりの仕掛け方・勝ち方

僕は高校からバドミントンをはじめ、その魅力にはまって大学でも続けています。高校のときは大会自体がレベル分けされてたり、自分の高校がそんなに強くなかったこともあり”戦術”に対してそんなに考えることはありませんでした。

でも大学になると、周りには一気に強い人が増えました。インハイ出場経験のある人、ジュニアからやってる人、逆に高校始めだけどめっちゃ強い人…

そんな中で練習、試合してさらにレベルが上の相手に勝とうとなると、自然と”戦術”、どうやって点を取るかについて考えるようになりました。

今回は自分なりの考えを整理する意味でも、戦術についてまとめて書いていきたいと思います。

バドミントンにおいて、点を取る方法は2つ。「自分で決める」「相手がミスする」です。相手が自分より格下の場合、後者で点を取っていくことが多いです。変に自分が攻めてミスをして相手が勢いにのると怖いからです。実際ミスまち戦術はかなり体力的にもしんどいですが、格下に負けない戦い方といえます。

一方格上とやる場合、どうしても自分で攻めて点を取らないといけない場面が出てきます。そこで今回は「自分で決める」にはどうするのか、という話です。

スポンサーリンク

勝負をかけるのは”精度”でなく”タイミング”

今回のメインはこれです。

先にも言ったとおり、僕は高校始めなので上手くありません。単純に考えて小学生や中学生の頃からバドミントンをやっていた人と比べると、今まで打ってきたシャトルの数が全然違います。

そうすると、どうしてもショット自体の精度やスピードには差が出てきます。もちろん高校始めでも上手い人は上手いですが。

そんな中で、”点を取りたい”時にショットの精度のみに頼るとどうなるか。

当然ミスが増えます。ラインギリギリを狙えばサイドアウトがでてくるのは当たり前ですよね。世界トップレベルの選手たちはがんがん精度で勝負しますが、練習量からみても明らかに次元が違います。

では、どうやって点を取れるようなショットを取るのか?

そこで出てくる1つの考え方がタイミングです。言い方を変えればテンポを速くするということです。よく上手い人にアドバイスをもらいにいくと、「テンポが一定でやりやすい」なんてこといわれたりしませんか?僕はめっちゃ言われました笑

最初はこのテンポについてぜんぜん掴めなかったんですが、最近になって意識的にできるようになってきました。

僕の中では、「テンポを変える」=「タッチを速く・高くする」=「シャトルに入るタイミングを速くする」という風につながってます。基本、ここで決めたい!ってときは相手を追い込むなりしてからの上からのショットだと思います。

そのとき上がってきたシャトルに対して、いかに速く入れるか。相手の球をある程度読んで、返ってきた球へのフットワークのスピードをあげて打つ態勢に入る、このフットワークのスピードの変化がすごく大事です。

この変化により、相手からすると今までとは違うタイミングで球が飛んでくるので、構えやリアクションステップがズレて足が止まります。これが”タイミングで仕掛ける”ということです。

野球で言うと、ずっとワインドアップから大きなフォームで投げていたピッチャーが、急にセットアップからクイックモーションで投げる感じ。実際に使ってる人もいる投球術です。

経験的に、大きいステップで入るより、小さく細かいステップで入る方が速く入りやすいと思います。そしてそのときに大事なのが上半身の準備です。

シャトルの下に速く入っても、そこからラケットを引いて打つという動作に時間をかけてしまうと速いタイミングで打てません。ラケットは上がっている状態でシャトルの下に入り、軽くジャンプして今までより速いタイミングで叩く。

多少コースが甘くても、クロススマッシュやドリブンクリアで相手の態勢を崩していくことができます。きれいにはまればノータッチも狙えます。理想をいえば、そこからドロップも打てるとさらに相手を動かせます。ただドロップは調節が難しいのでカットやスマッシュなど速い球で仕掛けていく方がミスは減ると思います。

僕が一番やりやすいのは、相手を追い込んでこっちのフォア奥に上がってきた球に対してのクロススマッシュです。特に相手が右利きなら、ラウンドに追い込めばクリアが上がってくることが多いのでそこで仕掛けます。

イメージとしては相手が準備している間に打っちゃうって感じなので、打点もできるだけ高く、球を速く捉える意識をもちます。あと角度もつくのでさらに崩しやすくなります。

これが1発決まると、同じような球に対してリバースカットでストレートに落とす球も有効になってきます。リバースはかっこいい!と信じてるので愛用してる点の取り方です笑

ダブルスだと、2人の間にすっとカットやドロップをタイミングを変えて打ってみるのもけっこう効きます。

タイミングによる仕掛けで大切なのは準備”読み”です。来る前に動くまではいかなくても、少し体や足の向きを変えて動きやすい態勢をつくっておく。

当然読みが外れたら頑張って取りに行くしかないですが、当たった場合はここで決める・次で決めれるくらいに追い込むことを意識しとかないと中途半端な読みになってしまうので注意です。

力感をコントロールする

もう1つ、上のタイミングと同時に使っていきたいのが力感のコントロールです。

力感ってのは簡単にいえば「打つぞ~」っていう雰囲気です。スマッシュ打つぞ状態からドロップやカット、クリアを打つと相手の態勢を崩せることが多いですよね。常にしっかり構えて打ってくる人は何が来るか読みにくいです。

逆に、力感がないフォームというのもやりづらいです。そんなに構えてないのにヒュッとスマッシュが飛んでくると反応が遅れがちになります。

これを先ほどのタイミングによる仕掛けに組み込むと、さらに相手の足を止めれます。速いタイミングで打つときに、力感をなくすイメージで構えて打ってやると相手は構えるタイミングを失います。ただ、力感を意識しすぎると手打ちになってしまうのでそこは気をつけないといけません。

僕もこの力感のコントロールを今練習中ですが、力感がないといっても手だけで打ってるわけではなく、むしろより意識して下半身や骨盤の回転をつかう必要があると思います。力感があるフォームも相手を惑わせれる方法ですし、もっと工夫していきたいです。

まとめ

今回伝えたかったのは、点を取るために必要なのはショットの精度ってわけじゃない、ということです。

特に格上相手に精度で勝負を挑むのはきびしいです。強ければ強いほどより高い精度が要求されます。僕は正直そのレベルにたどり着ける気がしません。強い人も僕と同じようにノックを受け、パターンをこなし、精度を上げる練習はこなしているからです。

だったらその人たちの倍、ノックをやればいいのかもしれません。でも、精度以外の考え方もできます。

その例が、今回はタイミングと力感でした。

速いタイミングで打つには上で言ったようにシャトルの下に入ること自体を速くする必要があるので、”フットワークで仕掛ける”といってもいいと思います。

フットワークのスピードを速くするというのは、意識してやってみるとできるものです。でも同時に今まで全然やってなかったことにも気付くと思います。

追い込まれたから速くするんではなく、仕掛けるために意識的に速くする。これがタイミングで仕掛ける=フットワークで仕掛けるときに重要なことです。

また、それと同時に準備も大事。足を動かすことはできてるのに上半身の準備ができてないってのもよくあるパターンです。もちろんシャトルに向かって動くのが一番重要ですが、それと同じくらいラケットを上げとくことも大事だと思います。ダブルスでも、シングルスでもです。

今回紹介したのはタイミングを速く打つことでしたが、逆にジャンプして着地するくらいに打つみたいに、タイミングを遅らせてうつのも効果があります。田児選手がスマッシュのタイミングをちょっと遅らせて打つというのをよく使ってました。

ようは相手の構えるタイミングをずらせればいいので、他にもいろんなやり方があると思います。

力感もコントロールできるようになれば、さらにタイミングをずらす手段が増えます。

精度だけじゃなくてタイミングをつかって仕掛ける、僕はこの考えを持っただけで攻撃の幅がかなり広がりました。タイミングの他にももっと仕掛ける方法があると思います。精度をあげる、持久力をあげる、スマッシュを速くする、もちろん大切ですが、点を取るという面では”仕掛け方”自体を探していくのも意味のあることだと感じました( ´ ▽ ` )ノ

ちなみに戦術関係の本としては↓の田児さんの本が人気です。YouTubeのチャンネルからも分かりますが、田児さんの教え方は分かりやすくて理にかなっているのでおすすめです。

いじょう、そらめまめでした~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする