映画『グレイティストショーマン』の感想、曲が良すぎる

出典:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e4-bb

今回は『グレイティストショーマン』という映画について、先日2回目をみる機会があったので感想を書いていきたいと思います!

というのも、1回目みたあとにめちゃめちゃいい映画やないか!と思って解説や評価をみるとなんかわりと評判がよくなかったというか、何なら酷評されてたのも発見し、書きづらくなっていたのです(T_T)

でもやっぱりこの映画は好きで、2回目を観た今改めてこの映画をおすすめしたいと思ったので紹介していきます!

音楽が好きな人、ノれる映画が観たい人はとくにハマる最高のミュージカル映画です。ネタバレなしで紹介するので、もし良ければ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

あらすじ

サーカスを確立させた男、P.T.バーナムの生涯を描いた映画であるグレイティストショーマン。

少年時代、仕立て屋の父のもと貧しい生活を送っていたバーナム。しかしその仕事先である裕福な家の娘チャリティに恋に落ち、彼女が遠くの学校に行くことになり離ればなれになってしまっても手紙を送り続けます。

その甲斐あって、大人になってからともに暮らし始めた2人。夫婦の暮らしは貧しいものの、娘2人とともに幸せな生活を送る。しかし突然バーナムの会社が倒産してしまい、ついに収入は0に。

そこで銀行をごまかして大量の資金を借り、世界中の奇妙なものをあつめて「バーナム博物館」を開くも不発。しかし娘が発した「生きているものを見せなきゃ」という言葉から、バーナムは小人症の男性やひげの生えた女性、巨人症の男性など容貌に特徴がある人々をあつめて”フリーク・ショー(見世物小屋)”を始める。

これが大ヒットしてバーナム一家も裕福に。だが上流階級からは成り上がりとさげすまれ、批評家からはショーを酷評される。ちなみにそのさいに使われたのが「サーカス」という言葉。

そんな中、ついにヴィクトリア女王との謁見も許可されたバーナムと団員たち。そこで欧州随一といわれるジェニー・リンドに出会ったバーナムは、彼女を世界にプロデュースすることに成功すれば上流階級にも認められ、娘たちも辛い思いをしなくてよくなるのでは、と思いつく。

リンドの初公演は大成功に終わるが、それを機にバーナムは徐々に団員たちを疎みはじめ、リンドとともにアメリカツアーへと出かけてしまう。

一方バーナムが去ったサーカスは徐々に人気を落としていき、またバーナムとリンドの関係にも亀裂が…

主演であるP.T.バーナムを演じるのがヒュー・ジャックマン、その相棒となるフィリップ・カーライルを演じるのがザック・エフロンと2人とも歌って踊れるイケメン。

そしてこの映画の音楽を手がけたのはパセク&ポールという2人組の作曲グループ。『ラ・ラ・ランド』の音楽もこの2人組です。これを機に覚えましょう。w

グレイティストショーマンの曲は全てこの2人が作詞作曲してます。めちゃめちゃすごいですね。そしてめちゃめちゃ稼いでそう

またその名曲を歌い上げる団員たちにはミュージカルで活躍するケアラ・セトルや歌手としても成功しているゼンデイアなど歌唱力抜群のキャストが。名前を知らなくても大丈夫です。これを機に覚えます。

というわけでレビューしていきます!ネタバレなしなので未観賞の人もぜひ!

グレイティストショーマンの感想・レビュー

やっぱり曲がいい

やっぱり音楽が最高です。

個人的には映画のためにというより音楽のために映画がある感じ。2回目の鑑賞では完全に曲待ちでしたからね。

で、もう全部の曲がいいんですよね~。映画の場面と合ってて、演出もよくて。ということでグレイティストショーマンの曲をまとめてみました。YouTubeにリンクをつなげてるので気になったら聞いてみてください(´∀`)

使用された曲まとめ

ザ・グレイティストショー』…オープニングからいきなりノせてくれる曲。一回聞くとなかなか頭から離れない。

ア・ミリオン・ドリームズ』…バーナムが少年時代のとき、そして大人になってからも歌う、夢と希望にあふれた曲。歌詞もいい。ちなみにバーナム少年のビビるくらい美しい歌声は、演じているエリス・ルビンではなくジヴ・ザイフマンという別の俳優の歌声。

カム・アライブ』…バーナムのサーカスがついに初公演を迎えるときに流れる曲。本当に受け入れてもらえるのか不安げな団員達が、この歌とともに胸をはって前を向く。もちろん歌詞もいい。テンポもよく、バーナムふくめ団員たちが魅せるパフォーマンスにも注目。おすすめの曲の1つ。

ジ・アザー・サイド』…この映画音楽の中でも人気の1曲。バーナムが上流階級へのコネのためにフィリップを口説くシーンで使われます。イケメン2人のパフォーマンス、あとバーテンダーのプロすぎる仕事ぶりも見事です。

ネヴァー・イナフ』…劇中では欧州随一とされた歌手ジェニー・リンドが歌う曲。実際に歌っているのは演じている絶世の美人女優レベッカ・ファガーソンではなくローレン・オルレッドという歌手。なんでも作曲のための仮歌を担当してたら、その歌声が素晴らしかったので抜擢されたのだとか。

ジェニー・リンドが抱える感情をストレートにぶつけているこの曲を見事に歌いきっています。

ディス・イズ・ミ―』…最高の主題歌。何度聞いても鳥肌がたつし、髭女を演じるケアラ・セトルの歌唱力が圧巻すぎる。差別や偏見に打ち勝ち、ありのままの自分を見せてやるという力強い曲を団員達が歌い上げる姿にはしびれる。もちろん歌詞もいい。

ちなみにこの曲のワークセッション映像がYouTubeに挙げられてて、めちゃめちゃ良い動画なので載せときます!

ヒュー・ジャックマンも感涙!映画『グレイテスト・ショーマン』「This Is Me」ワークショップセッションの様子

リライト・ザ・スターズ』…フィリップとアン(ゼンデイア)の切ない恋をつづった曲。ザック・エフロンはもちろんだがゼンデイアの歌声がほんとに美しい。こちらも人気の曲。

タイトロープ』…バーナムがリンドとともにツアーに行ってしまったとき、チャリティが歌う曲。和訳すると『綱渡り』、バーナムを一途に思う気持ちが溢れている曲です。こちらはチャリティ役のミシェル・ウィリアムズがそのまま歌っています。

フローム・ナウ・オン』…個人的には1番好きかもしれない曲。題名の通り、これから、再び前を向くための曲ですね。すべて失ったバーナムが原点に戻り、大切なものに気付く名場面でもあります。言わずもがな歌詞もいい。

こちらのほうもワークセッションの動画が最高です。まじで観てほしい!笑

歌っちゃいけないと言われていたのに!映画『グレイテスト・ショーマン』「From Now On」特別映像

どれを聞いても名曲だし、歌詞も素晴らしいんですよね。映画に合わせてるからストーリーと合ってて盛り上がるし、よりストーリーにも引き込まれます。

これらの曲を聴くためだけに映画をみてしまう人がいるのもうなずけます(自分ですけど)。

ストーリーのテンポがはやい

正直ここは評価が分かれるとこかもしれませんが、僕は好みでした。

なんせ展開がはやいです。少年時代からあっという間に大人になり、あっという間に娘ができます。上映時間が105分というのは短いほうですし、しかも伝記映画なのでどんどん詰め込んでいる感も確かにあります。

でも、そのぶん歌に込められてる思いが強くなり名作を生みだしてるとも思うんです。バーナムに邪険にされた団員達の怒りや、婚外子という立場からスターになったリンドが抱える渇望感をその人に語らせることもできますが、あえて歌にすることで観客をより引き付けて印象をより強く与えてる気がします。

もちろんその音楽自体が悪かったら台無しですし、歌手や俳優のパフォーマンス・演技力もめちゃ重要になります。そこをこのグレイティストショーマンは完璧にまとめ上げてきてるのがすごいです。

ミュージカル場面が多いぶんポジティブなゆえ「深みがない」と感じる人もいると思います。でも曲の歌詞や歌い手たちの表情に、登場人物たちの想いが存分にでてるとも思うので、ストーリーの一部としても曲を楽しんでみてほしいです!

あと展開が速いと飽きないってのもありますね(´∀`)

元気が出る!

なんやかんや大事なことですよね!笑

とにかく前向きでポジティブな場面が多いのもありますが、やっぱミュージカルシーンがみんなめっちゃ楽しそう。というか絶対楽しい。

その思いがこっちにも伝染して、明るい気持ちにさせてくれる映画だと思います!かつ、ジェニー・リンドやアンとフィリップによる切ないシーンもあるのでメリハリがきいてるのもポイント。

ずっとイケイケだとしんどいですからね~

ちなみに、いちおう伝記映画と書きましたが史実と違うところはけっこうあるようです。実際のバーナムはまあまあブラックな面もあったとか。。そこは今回は触れないです、うん。

まとめ

さて、今回は『グレイティストショーマン』を紹介してみました!評論家からは評判が悪かったんですが、観客からの支持率は高いようでちょっと安心してます笑。

P.T.バーナムの半生を描いている作品ですが、ストーリーの流れ自体はシンプル。だからこそ歌唱シーンが大事になってくるし、俳優さんたちもそれに応えて最高のパフォーマンスをみせてくれてます。

夢に向かって自分を信じるバーナムと、これがありのままの自分だと前を向く団員たち、そういった姿にはやっぱり勇気をもらえますし、感想でもいったように元気が出ます。

「これは観ないと損だな」と本当に感じたのはこの映画が初めてです。気が進まないひともせめて音楽だけでも聴いてみてください(´∀`)

またストーリーの流れを分かった上で、歌っているときの表情や歌詞に注目して2回目を観るのも面白いです。とにかくめちゃおすすめの映画です!!

なお音楽映画のおすすめ作品を『名曲ぞろい!音楽とともに感動する映画9選』で紹介してるのでまた参考にしてみてください。

いじょう、そらめまめでした~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする