パラグラフリーディングとは、その勉強法は?英語の長文読解に必須!

パラグラフ・リーディングって言葉、よく聞きますよね?

前回の記事「長文読解が苦手な人に知ってほしいコツ。読む速さでなく読み方。」で書きましたが、簡単に言えば「段落ごとの要点を抜き出しながら読む」という読解法になります。

結論から言えば、メリットは本文の流れを意識して読むことができる点です。

本文のテーマに対してこの段落はどんな仕事をしてどんなことを言っているのかってことを把握して読んでいくことで、本文全体が理解しやすくなるんですね。

また全文訳して読むのではなく、ディスコスマーカーなどに注意しながら大事な部分を選んで読んでいくので時間短縮にもつながります。

2次試験の長文は語彙レベルもあがり、本文も長くなります。そのレベルに対して安定した得点を取るために必要になのがパラグラフ・リーディングという武器です。

だからぜひとも身に着けてほしいスキルなんです!

が、そもそもこのパラグラフ・リーディングってどういうもので、どうすれば身につくんでしょうか?

っていうことで、今回はパラグラフ・リーディングとその勉強法について書いていきたいと思います(`・ω´・)ノ”

まず第一に覚えておいてほしいことが、パラグラフ・リーディングは長文読解のテクニックだということ。”訳す”の1段階上、”理解する”ためのテクニックです。

つまり、ある程度の語彙力・文法力をもち、構文を把握できるようになってから取り組んでいくべき勉強だということ。

『長文が読めない』と感じるときに、本当にそのままの意味で「読めない」なら、単語・熟語・文法を含めて英文解釈の技術を高めるのが先です。

「読めるけど時間的に解けない」「指示語が何を指してるかなど、構文以外のところでつまずく」「書いてることは訳せるけど肝心の答えが合わない」といった人が、長文問題を安定させるために使ってほしいのがパラグラフ・リーディングです。

「パラグラフ・リーディングで長文が解けるようになる」のはある程度の基礎力が前提となっていることは注意しといてください!

勉強というのは基本「慣れ」です。数学でも英語でも、公式や文法を覚えたらそれを実際に使って、慣れることによって身に着けていきます。

時間もかかるし、なかなか上手くいかないと思いますが、出来るようになれば本当に長文が安定します。ぜひ参考にしてください!!

あ、あと前回もちらちら言ってたんですが、英語の長文というのは現代文と似ているところがあります。

なので現代文の感覚を英語に当てはめれば長文も見やすくなるし、逆に長文読解が出来るようになれば現代文も安定してくるということ。その辺も意識してやってみてください!

スポンサーリンク

パラグラフ・リーディングとは

パラグラフ・リーディングってのは簡単にいえば「段落ごとに要約しながら読み進めていく」読解法です。

この読解法により、段落の役割を把握して、長文の流れをつかみながら問題を解くことができます。前回言ったような対比や言い換えをしっかりと意識しながら読んでいくことになります。

さてそのパラグラフ・リーディングをどうやるのか、ですが、基本は「要約」です。その中で個人的に注意していたところをお伝えしていきたいと思います。

言いたいことに注目する

1つ目は「筆者が言いたいことに注目する」ということ。

要約するといっても、本筋と関係ないところを一生懸命訳してまとめても何にもなりません。要約するというより要点を抜き出す、といったほうが正解かもしれませんね。

この段落を使ってどんなことを伝えようとしているのか、「テーマ」や「筆者の意見」との関係はどうかってことを意識しながら読んでいきましょう。

その関係性と要点を段落の横にメモしていくことでつながりが分かりやすいパラグラフ・リーディングになります。

ここで重要なのは、「テーマ」や「筆者の意見」はやはり先に把握しとかないといけないってことです。

前回の繰り返しになりますが、最初の段落・最後の段落・設問をフル活用して最低限「テーマ」をつかんでから読解にむかいましょう。

段落の最初の1文には神経を働かせる

続いてはこれ。本文の導入が最初の段落にあるように、段落の導入は1文目にあります。

この導入には全段落との関係や今から何について話すか、など色々な情報がつまってます。そのため、1文目でしっかりと流れをつかむことが重要です。ただ訳すだけではだめです。

その情報の中で大きな役割をしてくれるのが”ディスコスマーカー”です。聞いたことある人もいると思います。butやthereforeとかですね。日本語で言えば「しかし」「その一方で」「つまり」とか。現代文でこういうのがでてきたら反応しません?

先ほども言いましたが前段落との関係性が分かるし、この段落で何をしたいのか予測がつくからです。現代文でも、「つまり」がきたらまとめようとしてるな、「もちろん」がきたら譲歩てから意見がきそうだな、と身構えるはず。

英語でも全く同じ。このディスコスマーカーを意識することで流れが読みやすくなります。

またこいつらのおかげで対比や言い換えを捕まえることもできます。とくに英語長文では「今」「過去」「未来」で対比するパターンが非常に多いので、時間を指すディスコスマーカーがきたら要チェックです!

筆者の主張がくることも多いので、最初の1文にはしっかり注意を払いましょう。

段落内でも流れを意識する

最後に注意してほしいのが「段落内でも流れを意識する」ということ。本文の流れをつかむためにパラグラフ・リーディングをおすすめしてますが、その本文を構成する段落にもやはり流れはあります。

大まかにでもいいので、どんな流れかを意識しながら読むことで理解するスピードは間違いなく上がります。訳せない単語があっても、多分こういうことでしょって推察ができるようになっていくんですね。

この流れをつかむのは、ついさっき紹介したディスコスマーカーが役立ちます。こいつらは段落内でも要所要所にあらわれるので、なんでここでこのディスコスマーカーが使われてるのかってことを考えながら読むといいでしょう。

段落内の流れはもちろんたくさんあります。しかし、その中で個人的に注意したい流れが2つ。

1つ目は現代文でもおなじみの「もちろん~、しかしー」構文です。僕自身上の文でも使ってますが、この構文を使うときは逆説のあとに大事な意見を言いたいときです。英語では「of course」など使う場合もありますが、それより多いのが一般論→主張のパターンです。

「~は当たり前である」「たいていの人は~する」といった一般論のあとに「だけど自分は」「しかしこの場合は」ってな感じで意見をねじ込んでくる流れですね。

もう1つは抽象→具体への流れ。これも頻出です。まず抽象的な主張があり、それを具体的に説明していくというパターンですね。

この流れをつかんでおけば、主張がうまくくみ取れないときはその後の説明を参考にし、逆に説明部分がつかめなければ主張から推察していくことができます。どちらかに下線が引かれて和訳しろって問題が非常に多いので要注意です!

では続いては、どのようにこのパラグラフリーディングを身につけていくかを考えていきます!

参考書でインプット

なにかを身につけるとき、まずやり方や知識をインプットしてから演習でアウトプットしていくというのが基本の流れです。とくに今までやってこなかったことをするときは、インプットがすごく重要になってきます。

いちおうパラグラフ・リーディングの概要を説明しましたが、あれだけでは到底インプットに及びません。

簡単にまとめると、「段落の要点を抜きだす」ことで「段落ごとの仕事」を理解し、本文の流れを分かりやすくすることが目的であり、ディスコスマーカーやからその要点を見つけていく、という話でした。

実際にこれを意識して長文を1,2題くらいパラグラフ・リーディングしてみてほしいんですが、「ん、どうすればいいんだ?」と固まってしまう人が多いはず。そして出来てるつもりでも解説で確認するとぜんぜん要点を抜き出せてない…という人もいるはず。大丈夫、それが普通です。

そこで、まずしっかりしたインプットを行いましょう。どの科目でも一緒ですが、授業によりインプットしないと問題なんて解けません。ここではインプットにおすすめの参考書、「パラグラフ・リーディングのストラテジー」を紹介します。

 

3段階構成になっていて、パート1・2ではディスコスマーカーを中心に細かいところまで内容が詰まってます。パート3は空所補充や言いかえ問題などの問題演習が主になってる感じ。

とても丁寧なので、インプットには適した参考書だと思います。そのぶんしっかり時間をかけて学ぶように。最低2周はしたいところです。アウトプットにうつってからも定期的に見直し・復習していきましょう。

この「パラグラフ・リーディングのストラテジー」シリーズは3巻出ており、2巻目・3巻目は問題演習が中心になります。2巻目が私立大対策編、つまり選択肢問題への対策で3巻目が国公立大対策編となっています。文章の難易度も高いですね。

3巻目では、内容説明問題や和訳に対しパラグラフ・リーディングをどのように活用するかというところが中心。こういう問題安定して解けないな~と感じてる人におすすめです。

そしてもう1冊おすすめなのがこちら↓

 
東進などで講師をしている福崎先生の著書ですね。
 
この参考書は「問題を解く」→「解答・解説とともに解き方の説明」となっていて、ストラテジーと比べると少し演習多めかもしれません。
 
こちらも非常に分かりやすく、パラグラフ・リーディングのキーとなるディスコスマーカーについてや論理的な解法をしっかり学ぶことができるのでおすすめです。
インプット目的なのでやはり2周はしたいところですね。
 
また長文のレベルは少し高めです。難しめの単語もちらほら出てくるので、そこで挫折しないように注意してください(´・ω・`)
 
 

共通テストになると外部模試が必要になり、長文読解を求められる場面が増えます。またパラグラフ・リーディングの意識は現代文でも必ず役に立つので、今からでも勉強をはじめて損はないかと(σ・Д・)σ

 

インプットが完了したら、あとはアウトプットでやり方を身に着けていきましょう!そして第1段階でのアウトプットとしておすすめなのがセンター過去問。ってことで次はそこを詳しくみていきます。

センター過去問で実践

センター過去問でのアウトプットでは大問6がおすすめです他の長文と違って図や資料が少ないので、純粋にパラグラフ・リーディングを行いやすいという特徴があります。

あとこれは前回言ったことですが、大問6の最後の設問にはパラグラフ・リーディングを問題にしたような、段落の要約問題があります。そのため事前に設問を確認することで流れをつかみやすく、また語彙レベルもそこまで高くないのでストレスなくできるのがポイントです。

センターはそもそもの解答時間が短いので、「できるだけ速く」パラグラフ・リーディングできるように練習し、その中で要点を間違えてないかを確認していきましょう。問題も解くなら、時間的には15分以内で解き終われるようになるといい感じです。

もちろん最初は慣れない読み方のため時間がかかると思いますが、大事なのはそこで諦めて全文ちゃんと読もうなんてしないこと。

パラグラフ・リーディングの目的は、「段落ごとの仕事をはっきりさせて、本文の流れを把握する」ことにあります。ディスコスマーカーや前段落の仕事を意識して、この段落は何がしたい段落なのかを読み解くのがパラグラフ・リーディングです。

だからぶっちゃけ段落横に書き出していく要点は、『主張』『対比』『具体例』とかだけでもOKです。

まず最初はこの仕事の割り振りができるようになること。もちろん全文読まずに。まあ読まないというか、スキャンしていくイメージですね。そのなかでテーマとなる単語やディスコスマーカー、対比や言い換えを生む言葉にひっかかる・反応する目を養っていくことが目標なので、がっつり訳して読んでこれは主張、とかやっても意味がありません。

そして徐々に慣れてくると、仕事の割り振りをもう少し具体的に書けるようになります。書き出すメモの内容が「~という筆者の主張」とか「~とーの対比」とグレードアップしていくんですね。

これもようは目が慣れてきて、どのあたりに主張があるのか、どのディスコスマーカーがヒントになるのか、というのが掴めるようになるからです。

ここまで到達するとかなりパラグラフ・リーディングが身についてきてるといえます。最低でもスキャンによって仕事を割り振れるようにはなっておきましょう。最後は難易度の高い2次試験へのアウトプットで仕上げ&実戦に入っていきます。

2次過去問で演習量アップ

大学に関しては志望校でもいいし、他大のものでもかまいません。できれば解説がしっかりしてる過去問がいいです。

2次試験レベルになると当然語彙レベルも上がり、ある単語の意味が分からないと何も分からない1文とかも存在してきます。

そうなったときに軽視されがちになるのが「本文のテーマ」です。単語の意味がとれないから「この本文は何について書いてるのか、どんなことを言いたいのか」をきっちり把握せずに本文や問題につっこんでしまうんですね。そうなると1文1文に振り回されてしまい、要点も掴めません。

文章の難易度が高くなればなるほど、この「テーマ」を確実に把握してください。そのテーマが1本の軸となって本文を貫いているので、そいつを見つければぐっと理解しやすくなります。

最初の段落・最後の段落・設問からまず「テーマ」を掴む。2次の演習のときこそこれを確実に実行してください。

テーマをつかむと、あとは練習してきたパラグラフ・リーディングで流れを把握していきます。

2次試験レベルの長文はセンターよりも長いので段落も増えます。そこでもしっかりと仕事を把握し、本文がどんな流れで言いたいことを言ってるのかを掴めるようになりましょう。

で、問題も解きましょう。和訳であれ内容説明であれ、本文のテーマを意識し、設問の部分は流れの中で何が言いたい箇所なのかを意識して解くようにしてください。

そうすれば文法や単語でつまっても何とか答えの軸をたてれます。

これも最初は時間がかかると思いますが、練習を重ねれば感覚が掴めるようになってきます。パラグラフ・リーディングを身につけるには「慣れ」が1番大事です。できるかぎり演習を積んで、自分のものにしていきましょう!

まとめ

さて今回はパラグラフ・リーディングのやり方と練習法、身に付け方について書いていきました。

どの勉強でも一緒ですが、しっかりとインプット→アウトプットの流れにのって練習していきましょう。時間がなくても、インプットをテキトーに済ましてひたすら演習!なんてダメですよ!!

どうしても時間が足りないときはインプットとアウトプットを並行する形で進めていきましょう。

またパラグラフ・リーディングは慣れがないと出来ません。スキャンする中でキーワードに反応できる目をつくるには、やはり腰を据えて演習していかないといけないでしょう。

結局インプットもアウトプットもがっつりやらないとダメってことですが、そうするだけの価値がパラグラフ・リーディングにはあります(´∀`)

速読だけでごり押ししてるセンターをもっと楽に解き、2次試験レベルの長文に対しても対応できる力をつける。共通テストの場合長文問題が増えるのでより読解力が必要になります。

2次試験でも必須科目になることが多い英語。この科目で高得点をとれれば合格に一気に近づきます!

最初は誰だってできません。そこで諦めることなく、コツコツと勉強を積み上げて自分のものにしていきましょう!!

いじょう、そらまめでした(`・ω´・ ●)